WEB用語集【基本編/リスティング広告】

WEB用語集

ホームページ制作やWEBマーケティングに携わり始めると、聞いたことがない用語や略語が頻出してきます。これらの用語の意味を知っておくと、打ち合わせがスムーズに進んだり、ネットで集める情報がもっと理解できるようになります。

このページでは、そんな基本の【リスティング広告】についてのWEB用語をご紹介いたします。

1)インタラクション

要するに「操作」のことです。
ユーザーによる広告のクリックや動画の視聴、電話の発信などがこれに値します。クリック・視聴・エンゲージメントなど、様々な指標で課金される広告の統合指標です。

2)コンバージョン

コンバージョンとは、サイトの運営者が設定する「ユーザーにとって欲しい行動」が達成された状態のこと。ちょっと表現としてはややこしい感じがするのがリスティング広告の用語の特徴といえば特徴かもしれません。わかりやすい例でいうと、ショッピングサイトなら「商品の購入」、保険などの相談窓口なら「資料請求や申し込み」などがコンバージョンです。

3)インプレッション

インプレッションとは「広告が表示された回数」のこと。
当然このインプレッションが多いほどたくさん広告が表示されたことになります。
また、google広告ではこのインプレッションを「1ページ目」や「1ページ目の上部」などの指定もできるので(費用はかかりますが)、リスティング広告的には最も重要な指標の一つです。

4)クリック単価

広告がクリックされた時の価格です。
これは毎回同じ価格というわけではありません。リスティング広告は1回の表示(検索)に対して毎回入札が行われていますので、クリック単価はその時の入札価格全体によって増減します。

5)検索広告

検索広告は、ユーザーが検索した際に表示されるテキスト型の広告のこと。
google広告の場合、上部に4つ下部に3つで、1回の検索に対して最大7枠の広告枠があります。

6)ディスプレイ広告

ディスプレイ広告はgoole広告ならyoutubeやgmail、yahoo広告ならyahooニュースやヤフオクなどの関連サービス、またはそれぞれの提携サイトやアプリなどに「画像」が表示されます。テキストよりも視覚的な広告なのでブランディングや認知に適しているとも言われています。

7)youtube広告

youtube広告は動画視聴の際に最初またはその途中に流れる動画広告です。
近年は通常の15秒~30秒の広告の他に、6秒間のバンバー広告などがあります。

8)まとめ

この記事ではリスティング広告における基本のWEB用語をご紹介いたしました。
リスティング広告ではこれ以外にも様々なワードが登場します。そのいずれも普段の生活ではふれることのない言葉ばかりなので、やや難しいところはありますが、まずはこちらの基本のワードから覚えてくださいね!

リスティング用語解説【基本のアルファベット編② 】

WEB用語集

WEBマーケティングやリスティング広告に携わり始めると、馴染みのない用語が当然のように出てきます。そしてそれらの用語は略語やアルファベットなどで表示されることもしばしば。似たような用語もあり、混乱しやすいものです。

このページでは、そんな基本の【リスティング広告に関する用語】について解説いたします。今回は「基本のアルファベット編②」です。
「基本のアルファベット編①」はこちら

6)CPM (COST Par Mille)=インプレッション単価

CPMは「Cost Per Mille(コスト・パー・マイル)」の略です。「マイル」とはラテン語で「1,000」を表し、CPMを日本語訳すると「広告を1,000回表示するごとに発生する広告費」という意味になります、リスティング広告ではこのCPMを「インプレッション単価」と呼びます。CPCとは異なる広告費の発生の仕組みです。

7)CV(Conversion)=コンバージョン(成果獲得数)

CVは「Conversion(コンバージョン)」の略です。日本語では「変換」や「転化」という意味なのですが、リスティング広告では「成果獲得数」になります。
リスティング広告は何らかのマーケティング的な成果を達成するために行うので、ある意味一番重要な数値であると言えます。

8)CVR(Conversion Rate)=コンバージョン 率(成果率)

CVRは「Conversion Rate(コンバージョンレート)」の略です。日本語訳すると「成果獲得率」になりますが、この場合「成果目標数の進捗状況」の意味ではなく、「広告のクリックからどれくらいの割合で成果獲得しているか」の指標になります。

計算式は【CV÷CTs=コンバージョン数÷クリック数×100(%)】です。

(例)クリック数400回の広告で5件のコンバージョンを獲得した場合は

(CV)5÷(CTs)400×100=1.25 つまりCVR=コンバージョン 率は「1.25%」となります。

CVRは成果獲得の効率の指標なので非常に重要で、「CVRが上がれば売上も上がる」とも考えることができます。

9)CPA(Cost Per Acquisition)=コンバージョン単価(成果獲得単価)

CPAとは「Cost Per Acquisition(コスト・パー・アクイジション)」の略です。日本語訳では「成果獲得単価」となります。CPC(コスト・パー・コンバージョン)ではありませんのでご注意ください。
1件の成果獲得に幾らかかったかという指標のため、とても重要な数値です。

計算式は【COST(費用)÷CV=費用÷コンバージョン数(円)】です。

(例)20,000円の費用で5件のコンバージョンを獲得した場合は

(COST)20,000÷(CV)5=4,000 つまりCPA=コンバージョン単価は「4,000円」となります。

当たり前の話ですが、CPAは低ければ低いほど良くなります。いかにCPAを抑えられるかがリスティング広告のキモになります。

10)MCV(Micro Conversion)

MCVは「Micro Conversion(マイクロコンバージョン)」の略です。普通のCV(コンバージョン)と違い成果となるコンバージョンよりも手前の段階(フォーム到達など)に設定する仮のコンバージョンを意味します。
例えば、資料請求をコンバージョンとした場合、資料請求申込のページまで到達したユーザーを「MCVユーザー」として追客する。などの活用方法があります。

今回のまとめ

今回の用語もアルファベットでしたが、成果獲得などの重要な指標となる項目ですので、必ず覚えておきましょう。次回も基本用語を解説していきたいと思います。

リスティング用語解説【基本のアルファベット編① 】

WEB用語集

WEBマーケティングやリスティング広告に携わり始めると、馴染みのない用語が当然のように出てきます。そしてそれらの用語は略語やアルファベットなどで表示されることもしばしば。似たような用語もあり、混乱しやすいものです。

このページでは、そんな基本の【リスティング広告に関する用語】について解説いたします。今回は「基本のアルファベット編①」です。

1)PPC(Pay Par Click)=クリック従量制課金

PPCとは「Pay Par Click」の略です。広告費が発生する仕組みのことで、日本語で言うと「クリックごとに広告費が発生する」仕組みのこと。リスティング広告のことを「PPC(またはPPC広告)」と言う場合もあります。

2)CPC(Cost Par Click)=クリック単価

CPCとは「Cost Par Click」の略です。日本語にすると「1クリックあたりの広告費」になります。CPCは一定ではなく、検索のキーワードやバナーを表示するサイトなどにより変動します。「もう少しCPCを抑えられないかな?」などの使い方をします。
CPCとPPCは混同しやすいので注意が必要です。

3)IMP(Impression)=表示回数(インプレッション数)

IMPとは「Impression」の略です。日本語では「表示回数」になります。ある期間内に広告が表示された回数です。リスティング広告では「まずIMPをしっかり獲ろう」などの使い方をします。

4)CTs(Click Throughs)=クリック数

CTsとは「Click Throughs」の略です。日本語では「クリック数」になります。ある期間内に広告をクリックされた数であり、このクリック数が様々な指標に影響することになります。

5)CTR(Click Through Rate)=クリック率

CTRは「Click Through Rate」の略です。日本語にすると「クリック率」であり、表示回数に対してどれくらいの割合でクリックされたか?となります。

計算式は【CTs÷IMP=クリック数÷表示回数×100】です。

(例)表示回数10,000回の広告が300回クリックされた場合は

(CTs)300÷(IMP)10,000×100=3 つまりCTR=クリック率は「3%」となります。

「CTRが下がってるね。広告文をちょっと変えてみようか?」などの使い方をします。

今回のまとめ

今回はリスティング広告用語の「基本のアルファベット①」として解説をしてみました。リスティング用語で覚える必要のある、または覚えておいた方がいいアルファベットの用語はまだたくさんありますので、次回以降も解説していきます。