リスティング広告講座【Google広告 初級編④】

このページはリスティング広告の主流、「Google広告」をこれから勉強したい人向けの解説のページです。前回・前々回の「リスティング広告講座【Google広告 初級編】」ではGoogle広告の特徴について簡単に説明しました。

さて、このGoogle広告、今まではどちらかと言うと「いい所・優れている点」をクローズアップしてきました。では、「デメリット」や「劣る点」は全くないのでしょうか?今回はその辺りに少し触れたいと思います。

1)インターネットを利用しない層にアプローチできない

これは当たり前の話でGoogle広告に限った話ではないのですが、WEBにおける広告施策は全般的にインターネットを利用しない層にはアプローチできません。

どういう層か?そう、一番わかりやすいのは「高齢者層」になりますね。高齢者向けの商材の場合であれば、テレビ、ラジオなどのなどのマス媒体やチラシやDM等のオフラインの広告施策の方が向いているケースも多々あります。
また、考え方をちょっと変えて、広告の配信ターゲットを「高齢者本人」ではなく、その周りにいる「家族層」「介護層」などに切り替えることで広告の効果を狙うという手段もあります。ケースによって柔軟な考え方をする必要があります。

2)検索の総ボリュームには限界がある

Google広告は「欲しいもの」や「調べたいこと」が明確な人(=顕在層)を主としてターゲットにすることに特化した広告です。顕在層の検索ユーザーが使用するキーワードは「具体的なキーワード」を使う傾向が強くなります。当然のことながら、具体的なキーワードになればなるほど、検索ボリュームは少なくなります。

つまり、「事業をスケール(成長)させる」という目的がある場合には、顕在そう以外の層に向けた施策はリスティング広告以外の別のアプローチを取る必要があります。これはリスティング広告のデメリットと言えるかもしれません。

3)PDCAサイクルを回しながら運用する必要がある

Google広告は「運用型広告」と言われるカテゴリの広告になります。運用型広告とは「広告を配信したらそれで終わり」ではなく、適時に配信後の効果測定をを行い、検証し、改善する「運用」を行うことで効果を上げていくタイプの広告です。

各種の設定項目がかなり自由度が高いというメリットの裏返しに、本当に高い広告効果を追求するには入札戦略の変更、入札単価の調整、除外キーワードの設定、広告文や広告のリンク先などのABテスト…など改善のための検証の連続になります。

掲載結果をしっかり確認し、「こうすればもっと良くなるのではないか?」という仮説を立てながら、PDCAサイクルを回していくことができるかどうかが、高い成果を生み出せるかどうかを左右します。

時間がない人や得意ではないと言う人には、時間と工数がかかるという意味でデメリットになるでしょう。

4)もちろん規模に応じた費用がかかる

自然検索(オーガニックサーチ)とは異なり、Google広告で自社の広告を上部表示するにはお金がかかります。

Google広告はCPC(クリック課金)なので、広告の露出を増やせば増やすほどクリック数も増え、それに応じて費用が増大します。

予算も少ないのに、うっかり見込みの薄いビッグキーワード(検索される頻度の多いキーワード)を登録した状態だと、予算をあっという間に消費してしまうことすら起こりかねます。

自然検索は時間は掛かりますが、的確なSEO対策を行ったり、良質なコンテンツを日々蓄積していくことで無料でも上位表示を狙い続けることができますが、Google広告では広告を配信して、その広告がクリックされ続ける限りはずっと費用発生します。

そのため、WEBの成長戦略としては、即効性のあるGoogle広告と長期的に取り組み、WEBページを資産化できるオーガニック強化(SEO対策)の両方を進めていくことをおすすめします。

5)機能のアップデートに合わせて設定や知識のアップデートが運用側には必要

Google広告を運用する場合に問題になりがちなのが、運用改善のためのPDCAサイクルを回すレベルの運用力がなかったり、PDCAのための時間や工数を取れないことです。

ここに追い討ちをかけることがあるのが「Google広告のアップデート」。新しい機能が追加されたり、逆に今まで使えていた機能が廃止されたりすることがあります。しかも、気づかないうちに(苦笑)

極端な場合、管理画面の見た目から変わる時がありますし、機能や設定項目の廃止に伴い、キャンペーンや広告、ターゲティングの設定を変更せざるをえない時も稀に起こります。これもメリットの裏返しとしてのデメリットと言えます。

6)今回のまとめ

今回はGoogle広告の劣っている点、デメリットを説明してみました。
デメリットなどと書いてはいますが、上に挙げた点は基本的に「何らかのメリットの裏返し」です。完全なデメリットと言えば費用がかかることくらいでしょう。

清濁合わせ飲んでも、という表現が的確かはわかりませんが、Google広告には広告を出稿するだけの価値は十分にあるものと思います。

リスティング広告講座【Google広告 初級編③】

このページはリスティング広告の主流、「Google広告」をこれから勉強したい人向けの解説のページです。前回の「リスティング広告講座【Google広告 初級編②】」ではGoogle広告の特徴について3点ほど簡単に説明しました。

今回は「Google広告の特徴」の続きです。よろしくお付き合い下さいね。

4)ターゲット(広告の配信対象)をきめ細かく設定できる

Google広告では、キーワードを元にしたターゲティングを行いますが、それに加えて「人(の属性)」「地域」「時間」「デバイス(端末の種類)」などにより配信対象を絞り込んだり、入札の強弱を調整することができます。

例えば、若い女性向けの香水の紹介ページに誘導、来店による購入を促進したいと考えている福岡市博多区のお店があったとします。ターゲットとなるキーワードは「香水」や「オーデコロン」などになるかと思いますが、この場合、男性や、ご年配の女性の検索ユーザーにも広告は表示される可能性があります。

全く効果が望めないということはありませんが、売りたい商品が「若い女性向け」なのですから、若い女性中心に広告が配信される方が広告の効果が期待できると考える方が賢明です。

また、お店は福岡市博多区にあります。福岡県内であれば広告を見たユーザーも足を運んでくれるかもしれませんが、他県からは…なかなか来店までは期待できないですよね。予算が潤沢にあればそれでも構いませんが、広告の効率を考えれ範囲を絞り込む方が広告の効果は上がりそうです。

ですので、このお店の広告のターゲットの絞り込み方として、

❶「若い年齢層」「女性」の入札単価を上げる(またはそれ以外の層の入札単価を下げるか配信されない様にする)

❷広告の配信エリアを「福岡県」(または福岡市、または福岡市博多区)に限定する

などの設定を行うことで、「福岡県(福岡市)の若い女性」に配信対象を寄せることができます。

その他にも、

●お店が水曜日休みなので、水曜日だけは広告を配信しない。
●営業時間の10時から19時までに限定して広告を配信する。
●パソコンの検索ユーザーには広告を配信しない。

など、曜日・時間・デバイスなどの配信設定をきめ細かくすることで、「広告の無駄打ち」によるコストの増大を防ぎながら、精度を高めた広告の配信をすることが可能です。

5)結果が管理画面ですぐに確認できる

例えばTVCMですが、ある企業がある時間帯にCMを放送したとします。後日正確に「何人の人がそのCMを見たか?」を把握することは不可能です。

別のケースとして、熊本市のスーパーが自店の商圏内にチラシを10,000枚新聞折り込みを行ったとします。しかし同様に「何人の人がそのチラシを見て来店したのか?」を正確に知ることは困難です。

このように他の広告媒体は「掲載結果」を知るのが難しい場合が多々あります。

Google広告は管理画面上で、広告の配信に対する結果を数値として確認することがいつでもできます。
例えば「いつからいつまでの期間に」「費用を幾ら使って」「広告が何回表示された内」「クリックされた回数が何回で」「そこから何件の成約があった」位の掲載結果なら一目で確認できます。

これには非常に大きなメリットがあります。端的に言うと「掲載結果が数値で見られる=検証と改善を行いやすい」ということです。

例えば、予算の消費額、広告の表示回数は良好だが、クリック数が少ない(=クリック率が低い)と言う場合には

●検索結果の上部の枠に広告が表示される回数が少ない(競合に競り負けている)
●表示している広告文に魅力がない

などの原因の場合があります。ですので、

●広告の入札単価を少し上げて、上部の広告表示が増えるかを試してみる。
●別の広告文を作成し、今の広告文と併用して結果を確認してみる

などの対策、改善策を考え、実行することで、広告の掲載結果をよりよくしていくことなども用意です。これらの作業も管理画面上ですぐ行うことができ、すぐ実行に移すこともできます。

6)自然検索(オーガニックサーチ)より成果がすぐに現れる

これは、もっと前に項目として書いておくべきだったかも…。

自然検索(オーガニックサーチ)は検索エンジンのアルゴリズム(WEBページの評価基準、検索の順位を決めるプログラム)によってランキングされます。

この自然検索で上位を目指すには検索ユーザーの知りたい情報をきちんとWEBページ内にコンテンツとして用意することや、内部対策や外部対策などの俗に言う「SEO対策」が必要になります。SEO対策を行った結果が実際に現れるまでには、結構な時間がかかることもよくあります。

これに対してGoogle広告は、検索結果画面の上部(または下部)の専用枠を「買う」ので、すぐにでも検索結果画面のいい場所に自社の広告を表示させることも可能です。例えば自然検索では4〜5ページくらいにしか上がってこない企業であっても、Google広告なら「検索結果の一番上」を広告で獲ることができます。スピードや即効性を重視したい場合などには効果的です。

7)これまでのまとめ

全2回に渡って「Google広告の特徴」について説明してみました。これらの特徴は別サービスの「Yahoo!プロモーション広告」においても共通している部分は多いのですが、弊社では主としてGoogle広告を運用していますので、それに合わせた解説となっております。

さて、特徴や優れている点について説明をしましたが、逆に「劣っている点・デメリット」はGoogle広告にはないのでしょうか?

次回はこのあたりの所に触れてみたいと思います。

リスティング広告講座〜番外編〜【Google広告の構造②】

リスティング広告講座の番外編として、Google広告の内部構造について解説しています。前回は「アカウント」「キャンペーン」「広告グループ」「広告」まで触れたのですが、一番最後の「キーワード」だけは分ける形にしました。こんかいはキーワードについての考え方を解説します。

1)キーワード

内部構造の最後が「キーワード」です。広告グループの中に設定したキーワードを使った検索ユーザーに対して広告が表示される仕組みになります。キーワードには「マッチタイプ」と言われる「キーワードに対する類似性の誤差を認めるかどうか」や「キーワードの語順の正確さ」などのルール付をすることができます。この辺りはまた詳しく解説したいと思います。

先ほども書いた様に、「広告グループの中に設定したキーワードを使った検索ユーザーに対して広告が表示される」仕組み、というところに一つのキモがあります。それは、「設定したキーワードと広告の関連性(整合性)」です。

前回も出てきました、あの中古車屋さんをまた例にとりましょう。(極端な例になりますが)

「スポーツカー」と「軽自動車」を売りたいために広告を出します。広告グループは「スポーツカー広告」と「軽自動車」広告を作成して、それぞれにキーワードを設定しました。

ところが、「スポーツカー広告」グループの広告に「中古の国産高級車が驚きの安さ」と入力しました。

さらに、「軽自動車広告」グループの広告に「高級車が新車でもお手頃価格で」と入力しました。

この場合どういう結果を産むのかです。広告グループの項目でも書きましたが、ユーザーが求めているものと違う内容の広告を出してもまず効果が出にくい、というのが一つです。

さらに言うと、「スポーツカー」や「軽自動車」というキーワードと「高級車」という広告の関連性(整合性)の低さ」が広告表示そのものに悪影響を及ぼします。中古車を売りたいのに「新車」と広告に入れている軽自動車広告グループはもう少し酷いですね。

残念ながら、広告は出稿すれば必ず表示される、という保証はありません。検索結果の画面に用意されている「広告枠」は、検索結果画面の上部に最高4つ、最下部に最高3つと決まっています。

この広告枠を自社と競合の企業とで場所取り合戦を行って、買った企業が広告を出せる仕組みです。要は場所を「セリ落とす」のです。その競り落とす時にかかるお金が「入札価格(クリック単価)」になります。

では、どの企業がその「セリ」に勝てるのでしょうか?それを決めるのが「広告ランク」と言われる「広告のパワー」です。単純な計算式にすると…

広告ランク=入札価格(1回のセリの上限額)×品質スコア(広告とキーワードの質)

で決まります。先ほどの中古車屋さんの場合では、「スポーツカー」「軽自動車」というキーワードに対して、「高級車」という広告が表示される形に設定されています。キーワードと広告の関連性が高くありませんので、品質スコアが低くなります。

同じ車じゃないか。と思いがちですが、他の中古車屋さんが「最新スポーツカーが安い」とか「家計に優しい軽自動車がオススメ」など、キーワードに合わせた広告文を作って出稿している場合、キーワードと広告の関連性という指標を見てら、確実に先の中古車屋さんよりは品質スコアは高くなります。

それでも勝つためには、要は「入札価格を上げる」しかないのです。入札価格を上げるイコール「よそより高いお金を払わなければならない」と言うことです。
さらに入札価格も抑えめに設定していると、基本セリ負けることが多くなり、広告の表示すらままならない可能性もあります。

ですので、「キーワード」と「広告」はセットで考えなければなりません。これをきちんと行おうとすると、どうしても1つの広告グループだけで幅広いターゲットにアプローチできる様にする、と言うのはなかなか難しいことなのです。

故に、考え方として、広告グループは「同じカテゴリ、テーマのキーワードの集まり(キーワード群)を作る」ことと「それに関連する広告文を作る」作業がセットになるもの、と考えた方がいいでしょう。

遡って、設定した広告グループの広告を「いつ」「どこで」「誰に」「どの様に」「幾らくらい使って」出すのかをキャンペーンで設定する、と言うことになります。

これまでのまとめ

以上、2回に渡って、「Google広告の内部構造」の解説を行いました。各項目については更に細かく解説する機会を設けたいと思います。
大まかな構造を理解しておくと、設定の際の勘違いやミスを防げますので、この記事がお役に立てれば、と思います。

リスティング広告講座〜番外編〜【Google広告の構造①】

この「リスティング広告用語集」と同時進行ですが「リスティング広告講座【Google広告編】」がスタートしました。それに合わせまして「Google広告」を学ぶ・運用する上で知っておかなければならない項目を解説していきます。

今回はGoogle広告の「アカウントとその内部構造」についてです。こう書くと難しそうですが、概念がわかればなんということはありません。

1)アカウント

Google広告を利用するには専用の「アカウント」を開設する必要があります。アカウントとはGoogle広告を利用するための「名義」と思って貰えばオーケーです。アカウントを取得するために何らかの書類を書いたり準備したりする必要はなく、オンライン上の手続きのみで比較的簡単に開設することができます。

Google広告アカウントの開設に必要なものは

①パソコン・スマートフォン・タブレットどれか最低1台
②利用可能なメールアドレス1つ(Gmailをお勧めします)
③クレジットカード1枚(広告料金の決済に必要です)

まずは、これだけです。

Google広告のアカウントを開設する際のメールアドレスがアカウントのユーザー名になります。これと別に開設時に設定したパスワードがあれば、インターネットが繋がる環境であればいつ、どこからでも管理画面にログインできます。

管理画面はアカウントごとに1つずつ専用の管理画面が割り当てられます。それ同時にGoogle広告の広告予算の「決済専用口座」が合わせて開設されます。
その専用口座にクレジットカードや銀行振込などで広告予算を基本「前払い」で入金することで、広告の出稿が可能になります。

2)キャンペーン

Google広告のアカウントを開設することで、管理画面から「キャンペーン」を作成することができる様になります。キャンペーンは「アカウント内で広告を管理する大きな器」と思ってください。ちなみにキャンペーンは一つだけではなく複数作ることができます。どういうことかと言うと、こう言うことです。

キャンペーンは広告を出すための大元の設定を決める場所です。大元の設定をことなるものにする場合には、キャンペーンは分ける必要があります。例えば…

●キャンペーンの種類を分ける。
例えば、検索連動型広告とディスプレイ広告を同じキャンペーンで管理することはできませんので、必ず別キャンペーンにすることになります。

●キャンペーンの予算を分ける。
広告予算はアカウント内に一括で入金しますが、キャンペーンを分けることで、それぞれのキャンペーンごとに予算の設定を行うことができます。例えば1月分の予算を30万円入金して、“検索連動型広告Aキャンペーンに15万円、検索連動型Bキャンペーンに10万円、ディスプレイ広告キャンペーンに5万円を割り当てる”などです。

●キャンペーンのターゲットを分ける。
広告配信のターゲットを絞る設定は地域、ユーザー層(性別や年齢など)、曜日と時間など多岐に渡りますが、これらも一つのキャンペーンで別々にすることはできません。例として、熊本県のみに配信する広告と福岡県のみに配信する広告は一つのキャンペーンで管理できないので、別のキャンペーンに分ける必要があります。

など、広告配信のベースになる設定は1キャンペーン1種類のため、上記のような設定項目が別になる場合はキャンペーンは複数作成する必要があります。

3)広告グループ

広告グループはキャンペーンの一つ下の階層になります。言わばキャンペーンという器の中の「中身」になります。この中身が「広告(文・画像など)」と「キーワード」になります。広告グループの中に広告とキーワードをセットで入れることではじめて広告は表示される様になります。広告グループはキャンペーンの中にほぼ無尽蔵に作成することができます。

キャンペーンは一つで良くても、広告グループはほとんどの場合複数になります。その理由は「適切にターゲットに広告を配信するには広告とキーワードを分けて設定する必要性があるから」です。

考え方の例として、

ある中古車屋さんが「熊本県で配信する検索連動型キャンペーン」を作成したとします。この中古車屋さんが「スポーツカー」と「軽自動車」を広告で売りたいと考えた場合、それぞれの広告グループは分けるべきです。

なぜなら、スポーツカーを買いたい人と軽自動車を買いたい人では検索時に使う「キーワード」が違うはずだからです。更に言えば、スポーツカーを探している人に「高品質の軽自動車が安い」と言う広告を表示させても、おそらくクリックはしてくれないでしょう。逆もまた然りです。

広告文をターゲットに合わせて的確に表示させるためには広告グループは分けて、広告に合わせたキーワードを設定しておく必要があるのです。

4)広告(広告文・クリエイティブ広告)

つぎは「広告」です。広告は広告グループの中に設定するもので、後述のキーワードに連動して表示させるものです。広告はキャンペーンで設定した広告のタイプ(検索連動型広告、ディスプレイ広告、動画広告など)に応じて表示できる広告の形式が異なります。主に検索連動型広告はテキスト型の広告、ディスプレイ広告の場合はバナー(画像)広告などになります。

広告は広告グルーブの中に複数設定することが可能です。それぞれの広告には「見出し」や「説明文」など、表示させる項目が細かくわかれており、それぞれ文字数などの制限があります。

テキスト広告などは限られた文字数の中でターゲットの興味をひくフレーズを考えなければなりませんので、実はこの作業が一番大変だったりします。ただ、一生懸命頭を捻って考えた広告文が必ず当たる、という保証はありませんので、はじめにいくつかの広告パターンを設定し、実際に広告を出稿した上で「どの広告の掲載結果が良いか」などをテストするのがお勧めです。

5)今回のまとめ

今回はGoogle広告の「アカウントとその内部構造」について説明しました。最後に「キーワード」という項目を解説しないといけないのですが、長文になりますので、一旦ここで今回は閉めます。次回はキーワードについて解説したいと思います。

リスティング広告講座【Google広告 初級編②】

このページはリスティング広告の主流、「Google広告」をこれから勉強したい人向けの解説のページです。前回の「リスティング広告講座【Google広告 初級編①】」ではGoogle広告とは?というところを簡単に説明しました。

今回は「Google広告の特徴とは?」について触れたいと思います。どういうところが便利なのか、どこが他の広告媒体より優れているのか?が少しわかるのではないかと思います。一つ一つを少し細かく説明しますので、何回かに分かれるかと思いますが、よろしくお付き合い下さいね。

1)ターゲットに直接広告を出せる

Google広告は、Google検索エンジンで使用された検索キーワードやGoogleの提携ページに掲載されているコンテンツ(内容・情報)と連動しているため、その情報を探している人のみを「ターゲット」として広告を表示することができます。
キーワードを的確に選んだ上で魅力的な広告を作成し、表示できれば、ピンポイントで狙ったターゲットの人たちを効率よくサイトへ誘導することができます。

例を一つ挙げると「ネクタイ 通販」で検索しているユーザであれば、ネクタイを欲しがっている・買いたがっているというのは想定できますが、「ネクタイ 洗い方」で検索しているユーザだとネクタイを買おうとしているとは思えない様に、検索のキーワードの組み合わせから検索ユーザの知りたい情報が想像できますね。ここが大切で「自分の会社・店にとって重要なキーワード、そうではないキーワード」をしっかり考える必要があります。

検索しているユーザー側からすれば、ネクタイを探している時に「ワンランク上のネクタイが送料無料 豊富なデザインから選べます」などと広告が表示されれば、クリックしたくなるのではないでしょうか。

2)非常に柔軟に予算設定ができる

他の広告媒体の場合、「チラシを折り込むのに1枚幾ら」であったり、「ラジオの曜日のこの時間帯にCMを出すのに1本あたり幾ら」だったりと、ある程度の価格がそれぞれ決まっています。Google広告は、Google広告のサービスを利用するための月額料金の様なものや、最低〇〇円広告予算を投入しないと広告が出せません、といった最低予算額は一切ありません。

前回も書きましたが、Google広告は「PPC広告」です。おさらいとして説明しておきますと「広告のクリックなどユーザーのアクションが発生した時に広告費が発生する広告課金の方式」です。イコール、「広告の表示だけでは広告費はかからない」というものです。

この「クリックした時に発生する広告費」の最低金額は、理論上ですが「1クリックあたり1円」です。つまり「1円あればGoogle広告は出せる!」…といいたいところですが、なかなかそんなうまい話はありません。

1日1円は流石に極端ですが、1日500円くらいからであれば、ターゲティングや広告の種類によっては、ある程度の広告を露出させることは可能です。

この予算額を出稿する企業やお店側で決められるので、例えば「商戦機の年末には予算を多めに、商品の売れ行きが落ち込む夏場は予算を少なめに」であるとか、「週末にお客さんを呼び込みたいから土日の予算を多めに、逆に平日は少なめに」など運用する予算のペース配分を柔軟に設定することができます。

3)慣れは必要だが、管理画面上からいつでもどこでも設定の変更などができる

Google広告に広告を出稿するためのアカウントを作成し、アカウントのIDとパスワードがあれば、掲載した広告の数値管理や設定、予算の変更など全ての操作を行うことができる「管理画面」にログインができます。

この管理画面はアカウントとパスワードさえ分かっていればパソコンでなくても
スマートフォンやタブレットなどからでもログインが可能です。(スマートフォン用にアプリなどもあります)

ですので、出先であっても、自宅であっても、ログインすることのできる端末が何かあれば、いつでも管理・設定・変更などの操作を行うことができます。

Google広告の管理画面やメニューはなかなかの複雑さですので、はじめは多少の慣れが必要かもしれませんが、徐々によく使う機能やよく確認する項目が決まってくるとスムーズに操作できる様になると思います。

4)今回のまとめ

今回は「Google広告の特徴」について解説してみました。Google広告には他の媒体にはない特徴が他にもいっぱいありますので、次回もGoogle広告の特徴について更に解説を進めていきたいと思います。

リスティング広告講座【Google広告 初級編①】

このページはリスティング広告の主流、「Google広告」をこれから勉強したい人向けの解説のページです。まずはざっくりとGoogle広告って何?というキホンの基本から説明していきますので、しっかり、ゆっくり読んでいただけると嬉しいです。

1)Google広告とは?

世の中の殆どの人がその社名を知っているであろう、アメリカの「Google」社が提供している「インターネット広告」のサービス名。以前は「Google Adwords」という名称でした。

ちなみに、他社のインターネット広告サービスではYahoo!社の「Yahoo!プロモーション広告」というものもあります。更に言えばその他の会社のインターネット広告サービスもありますが、とりあえず知らなくても不便はないので割愛します。

2)ではインターネット広告とは?

インターネット広告とは、インターネット上のWebサイト(ホームページやブログ)や検索エンジンを活用した広告の総称です。広告を表示できる場所として、

●個人や企業のWebサイト
●検索の結果の画面内
●Youtubeなどの動画サイト
●スマートフォンのアプリの画面内

など様々な場所に広告を出すことができます。

インターネット広告の大きな特徴は、主に広告の表示には広告費はかからず、広告をクリックされた、動画を試聴されたなどの「ユーザーの行動」が発生した場合に広告費が発生する仕組みであることです。このような仕組みの広告を「PPC広告」といいます。

3)じゃあGoogle広告は「PPC広告」なの?

その通りです。Google広告は紛れもない「PPC広告」です。厳密には「PPC広告=クリック課金広告」と「CPM広告=インプレッション課金広告」「CPV=試聴課金広告」など、広告の種類で広告費の発生の仕方が変わります。基本的にはPPC広告が多いので、全部ひっくるめて「PPC広告」としている向きもあります。

4)Google広告ではどんな広告ができるの?

基本的には2)で触れたような広告は全てできます。
主な広告をもう少し具体的に書くと…

●Googleの検索結果画面にテキスト型の広告を表示する「検索連動型広告」
●Googleと提携している個人または企業のWebサイトにバナー(画像)型の広告を表示する「ディスプレイ広告」
●Youtubeの動画内に動画の広告を表示する「TrueView広告」
●スマートフォンアプリの画面上にバナー広告を表示する「モバイルアプリ広告」
●一部のAndroidスマートフォンに搭載されている機能「Googleファインド」上に広告を表示する「ファインド広告」

などがあります。

5)Google広告を利用するのに必要なものは?

あまり大仰なものは必要ありません。必ず要るものは、

●パソコンかスマートフォンまたはタブレット1台
●Google広告の専用アカウント
●クレジットカード1枚

くらいのものです。あとは場合によって必要なものとして、

●「ディスプレイ広告」を出したいならバナー画像数種類
●「TrueView広告」を出したいなら広告用の動画

が必要なくらいです。

6)今回のまとめ

今回は「Google広告って何?」というところを解説してみました。ぼんやりとGoogle広告というものがどんなものかわかればオッケーだと思います。
次回はもう少し踏み込んだ内容にしてみたいと思います。


WEB用語集【基本編/リスティング広告】

WEB用語集

ホームページ制作やWEBマーケティングに携わり始めると、聞いたことがない用語や略語が頻出してきます。これらの用語の意味を知っておくと、打ち合わせがスムーズに進んだり、ネットで集める情報がもっと理解できるようになります。

このページでは、そんな基本の【リスティング広告】についてのWEB用語をご紹介いたします。

1)インタラクション

要するに「操作」のことです。
ユーザーによる広告のクリックや動画の視聴、電話の発信などがこれに値します。クリック・視聴・エンゲージメントなど、様々な指標で課金される広告の統合指標です。

2)コンバージョン

コンバージョンとは、サイトの運営者が設定する「ユーザーにとって欲しい行動」が達成された状態のこと。ちょっと表現としてはややこしい感じがするのがリスティング広告の用語の特徴といえば特徴かもしれません。わかりやすい例でいうと、ショッピングサイトなら「商品の購入」、保険などの相談窓口なら「資料請求や申し込み」などがコンバージョンです。

3)インプレッション

インプレッションとは「広告が表示された回数」のこと。
当然このインプレッションが多いほどたくさん広告が表示されたことになります。
また、google広告ではこのインプレッションを「1ページ目」や「1ページ目の上部」などの指定もできるので(費用はかかりますが)、リスティング広告的には最も重要な指標の一つです。

4)クリック単価

広告がクリックされた時の価格です。
これは毎回同じ価格というわけではありません。リスティング広告は1回の表示(検索)に対して毎回入札が行われていますので、クリック単価はその時の入札価格全体によって増減します。

5)検索広告

検索広告は、ユーザーが検索した際に表示されるテキスト型の広告のこと。
google広告の場合、上部に4つ下部に3つで、1回の検索に対して最大7枠の広告枠があります。

6)ディスプレイ広告

ディスプレイ広告はgoole広告ならyoutubeやgmail、yahoo広告ならyahooニュースやヤフオクなどの関連サービス、またはそれぞれの提携サイトやアプリなどに「画像」が表示されます。テキストよりも視覚的な広告なのでブランディングや認知に適しているとも言われています。

7)youtube広告

youtube広告は動画視聴の際に最初またはその途中に流れる動画広告です。
近年は通常の15秒~30秒の広告の他に、6秒間のバンバー広告などがあります。

8)まとめ

この記事ではリスティング広告における基本のWEB用語をご紹介いたしました。
リスティング広告ではこれ以外にも様々なワードが登場します。そのいずれも普段の生活ではふれることのない言葉ばかりなので、やや難しいところはありますが、まずはこちらの基本のワードから覚えてくださいね!

リスティング用語解説【基本のアルファベット編② 】

WEB用語集

WEBマーケティングやリスティング広告に携わり始めると、馴染みのない用語が当然のように出てきます。そしてそれらの用語は略語やアルファベットなどで表示されることもしばしば。似たような用語もあり、混乱しやすいものです。

このページでは、そんな基本の【リスティング広告に関する用語】について解説いたします。今回は「基本のアルファベット編②」です。
「基本のアルファベット編①」はこちら

6)CPM (COST Par Mille)=インプレッション単価

CPMは「Cost Per Mille(コスト・パー・マイル)」の略です。「マイル」とはラテン語で「1,000」を表し、CPMを日本語訳すると「広告を1,000回表示するごとに発生する広告費」という意味になります、リスティング広告ではこのCPMを「インプレッション単価」と呼びます。CPCとは異なる広告費の発生の仕組みです。

7)CV(Conversion)=コンバージョン(成果獲得数)

CVは「Conversion(コンバージョン)」の略です。日本語では「変換」や「転化」という意味なのですが、リスティング広告では「成果獲得数」になります。
リスティング広告は何らかのマーケティング的な成果を達成するために行うので、ある意味一番重要な数値であると言えます。

8)CVR(Conversion Rate)=コンバージョン 率(成果率)

CVRは「Conversion Rate(コンバージョンレート)」の略です。日本語訳すると「成果獲得率」になりますが、この場合「成果目標数の進捗状況」の意味ではなく、「広告のクリックからどれくらいの割合で成果獲得しているか」の指標になります。

計算式は【CV÷CTs=コンバージョン数÷クリック数×100(%)】です。

(例)クリック数400回の広告で5件のコンバージョンを獲得した場合は

(CV)5÷(CTs)400×100=1.25 つまりCVR=コンバージョン 率は「1.25%」となります。

CVRは成果獲得の効率の指標なので非常に重要で、「CVRが上がれば売上も上がる」とも考えることができます。

9)CPA(Cost Per Acquisition)=コンバージョン単価(成果獲得単価)

CPAとは「Cost Per Acquisition(コスト・パー・アクイジション)」の略です。日本語訳では「成果獲得単価」となります。CPC(コスト・パー・コンバージョン)ではありませんのでご注意ください。
1件の成果獲得に幾らかかったかという指標のため、とても重要な数値です。

計算式は【COST(費用)÷CV=費用÷コンバージョン数(円)】です。

(例)20,000円の費用で5件のコンバージョンを獲得した場合は

(COST)20,000÷(CV)5=4,000 つまりCPA=コンバージョン単価は「4,000円」となります。

当たり前の話ですが、CPAは低ければ低いほど良くなります。いかにCPAを抑えられるかがリスティング広告のキモになります。

10)MCV(Micro Conversion)

MCVは「Micro Conversion(マイクロコンバージョン)」の略です。普通のCV(コンバージョン)と違い成果となるコンバージョンよりも手前の段階(フォーム到達など)に設定する仮のコンバージョンを意味します。
例えば、資料請求をコンバージョンとした場合、資料請求申込のページまで到達したユーザーを「MCVユーザー」として追客する。などの活用方法があります。

今回のまとめ

今回の用語もアルファベットでしたが、成果獲得などの重要な指標となる項目ですので、必ず覚えておきましょう。次回も基本用語を解説していきたいと思います。

リスティング用語解説【基本のアルファベット編① 】

WEB用語集

WEBマーケティングやリスティング広告に携わり始めると、馴染みのない用語が当然のように出てきます。そしてそれらの用語は略語やアルファベットなどで表示されることもしばしば。似たような用語もあり、混乱しやすいものです。

このページでは、そんな基本の【リスティング広告に関する用語】について解説いたします。今回は「基本のアルファベット編①」です。

1)PPC(Pay Par Click)=クリック従量制課金

PPCとは「Pay Par Click」の略です。広告費が発生する仕組みのことで、日本語で言うと「クリックごとに広告費が発生する」仕組みのこと。リスティング広告のことを「PPC(またはPPC広告)」と言う場合もあります。

2)CPC(Cost Par Click)=クリック単価

CPCとは「Cost Par Click」の略です。日本語にすると「1クリックあたりの広告費」になります。CPCは一定ではなく、検索のキーワードやバナーを表示するサイトなどにより変動します。「もう少しCPCを抑えられないかな?」などの使い方をします。
CPCとPPCは混同しやすいので注意が必要です。

3)IMP(Impression)=表示回数(インプレッション数)

IMPとは「Impression」の略です。日本語では「表示回数」になります。ある期間内に広告が表示された回数です。リスティング広告では「まずIMPをしっかり獲ろう」などの使い方をします。

4)CTs(Click Throughs)=クリック数

CTsとは「Click Throughs」の略です。日本語では「クリック数」になります。ある期間内に広告をクリックされた数であり、このクリック数が様々な指標に影響することになります。

5)CTR(Click Through Rate)=クリック率

CTRは「Click Through Rate」の略です。日本語にすると「クリック率」であり、表示回数に対してどれくらいの割合でクリックされたか?となります。

計算式は【CTs÷IMP=クリック数÷表示回数×100】です。

(例)表示回数10,000回の広告が300回クリックされた場合は

(CTs)300÷(IMP)10,000×100=3 つまりCTR=クリック率は「3%」となります。

「CTRが下がってるね。広告文をちょっと変えてみようか?」などの使い方をします。

今回のまとめ

今回はリスティング広告用語の「基本のアルファベット①」として解説をしてみました。リスティング用語で覚える必要のある、または覚えておいた方がいいアルファベットの用語はまだたくさんありますので、次回以降も解説していきます。