【5分で読む】オウンドメディアって何?【WEB基礎知識】

皆さん「オウンドメディア」って知っていますか?

なんとなく聞いたことがあるという方もいらっしゃるかと思いますが、実際「オウンドメディア」が具体的にどういったものか分からないという方が大半ではないでしょうか。

ご自分でビジネスを運営されている方や、企業のWEB担当者または広告担当者の方、よく分からないWEB用語が多くて大変だと思いますが絶対に知っておいた方がいいことなので、ほんの少しだけこの記事にお付き合いください。

1)オウンドメディアの定義

まずは「オウンドメディアって何か?」という所から。

取り敢えずこの項で、そもそも「オウンドメディアとは何を指すものか」ということは解説していますので、言葉の意味のみ知りたい方は一旦この項まで読んで貰えば大丈夫です。

1-1)トリプルメディア

「トリプルメディア」とはユーザーが接触するメディアを「ペイドメディア」「アーンドメディア」「オウンドメディア」の3つに分けたものです。今回はオウンドメディアの記事ですので、簡単に残りの2つをご説明します。

「ペイド(paid)メディア」
ペイドメディアとは企業が費用を払って広告を掲載する従来型のメディアのこと。主に、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌のマス4媒体やWEB広告がこれに分類されます。
不特定多数の消費者の目に留まる場所で情報発信や宣伝を行うことができる反面、費用が高額でユーザーのライフスタイルや情報収集手段の多様化で以前のような効果が期待できなくなってきています。

「アーンド(Earned=獲得する)メディア」
アーンドメディアは「信頼を獲得する」といった目的を持つメディアのこと。主にフェイスブックやTwitter、InstagramなどのSNSと同義としても使われていますが、簡単にいうと口コミや評判で獲得したメディア露出のこと。ある商品を調べる際に参考にするSNSでのコメントであったり、ポジティブなメディア取材がこれにあたります。

1-2)オウンドメディアって何

では、本題の「オウンド(owned)メディア」。
簡単にいうと、ホームページやブログ等の媒体のことを指し、具体的には宣伝主体みずからがコントロールすることが可能なメディアのことです。「ホームページとかブログなら持ってる(やってる)よ!」という方も多いかもしれないですね。そうなんです。オウンドメディアは結構皆さん普段から関わっているんです。

「オウンドメディアとは自社(宣伝主体)のホームページやブログ」などのこと。
第一部?はここまで。次はオウンドメディアについて掘り下げていきます。

2)オウンドメディアの目的

オウンドメディアが自社(宣伝主体)のホームページやブログのことなら、
「今更なんでそんなことを改めて知る必要があるの?」という疑問もあるかと思います。なので、ここからは前述のペイドメディア・アーンドメディアとの関係、WEBマーケティングとの関係にフォーカスしながらオウンドメディアの目的についてご紹介していきます。

2-1)オウンドメディアが注目される理由

オウンドメディアが今注目されいる理由はいくつか考えられます。
まず、ユーザーの情報収集手段の多様化。多様化する情報収集手段の中で、ほぼ全てのユーザーにとって共通の情報収集手段である「検索」に唯一対応していること。
そしてSNSを中心とするユーザー中心の情報流通が一般化している中で、広告主体が企業のブランドイメージや世界観などの情報をコントロールできる機会を持てることです。
他にも、Googleの検索アルゴリズムの変化により、コンテンツの価値が持つ検索順位への影響が大きくなったことなどがあります。

2-2)オウンドメディアとコンテンツマーケティング

オウンドメディアを理解する上で、少し混同しがちなのがコンテンツマーケティング(コンテンツSEO)。この2つの違いを説明すると、オウンドメディアはホームページやブログなどの媒体(プラットフォーム)自体のことを指し、でコンテンツマーケティングはそれを利用して行う手法(戦略)です。ちなみにコンテンツマーケティングにはWEB以外の媒体も含まれます。コンテンツSEOはその中でオウンドメディアを利用したSEO対策のことです。ちょっと分かりにくいですが、これも大事なポイントです。

詳しくはこちらの記事「【SEO対策】基本のコンテンツSEO【ホームページ集客】|オーガニック検索流入を増加させよう」も合わせてご覧ください。

2-3)オウンドメディアの目的

オウンドメディアの目的は大きく分けて2つ。

一つが自らの商品やサービスをユーザーに知ってもらうためのファーストコンタクトの場所としての機能。もう一つが、ホームページでは伝えきれない商品やサービス、或いは仕事への情熱やスタッフの人柄だったりをコンテンツとしてユーザーに伝える機能です。そして、コンタクトした潜在顧客を顧客化していくことが目的となります。

前者ならペイドメディア、後者はSNSなどのアーンドメディアも同様の機能を持っていますが、それぞれオウンドメディアとの大きな違いは、ペイドメディアは出稿した媒体を見るユーザーにしかコンタクトすることできず、アーンドメディアは媒体の特性上、情報が古くなると基本的に見てもらえる機会がグンと減ります。

つまりオウンドメディアは検索エンジンを介することで、ペイドメディアでカバーしきれなかったユーザーをカバーし、発信したコンテンツにいつでもふれることができる環境を作ることができるのです。

3)オウンドメディアについてさらに知る

ここまで「オウンドメディアとは何か?」「オウンドメディアの目的とは何か?」について説明してきましたが、さらにオウンドメディアのことについて具体的にふれていきます。

3-1)オウンドメディアは「資産」

オウンドメディアは「資産」です。ペイドメディアは、ある分野においては絶大な効力を発揮することもありますが、一過性の情報発信手段です。広告出稿を取りやめてしまえば、それ以上ユーザーに情報を発信することはできません。反面、オウンドメディアでの情報発信は、WEB上からそのコンテンツを意図的に消してしまわない限り永遠にユーザーに情報を発信し続けることができます。

3-2)オウンドメディアの強みと弱み

オウンドメディアは永続して効果が得られるメディアであること、ペイドメディアやアーンドメディアがカバーしきれない部分を埋めることができるメディアです。一見、弱みという弱みはないように感じますが、WEBという特性、オーガニック検索によるコンタクトという特性上、効果が保証されるものでなく、メディア自体を育てるのに時間がかかることが弱みと言えます。

3-3)オウンドメディアでできること

オウンドメディアをうまく育てることができれば、広告費を削減できる可能性が高まります。また、ユーザーに対して機能性や価格訴求だけではない別の価値の提供を実現することも可能です。SNSとの連携でブランドイメージや雰囲気作りをより強く行うこともできるでしょう。

4)まとめ

ここまでオウンドメディアについて解説してきましたがいかがだったでしょうか。
言葉のみの意味だと、ホームページやブログなどのコンテンツのことですが、広告宣伝活動の中での役割を同時に考えるととても大事なことだと分かります。
つまり、持っているだけではダメで、オウンドメディアをどう活用していくか。或いはペイドメディア・アーンドメディアとどう組み合わせていくがが重要です。

私たちWEBRUではホームページ制作以外にも、オウンドメディアの成長に必要なBLOG記事ライティングなどコンテンツSEOも行っております。WEB以外の広告も運営会社の有限会社テイク・シー(Takec inc.)で可能です。どうぞお気軽にご相談ください!

【SEO対策】基本のコンテンツSEO【ホームページ集客】|オーガニック検索流入を増加させよう

ホームページの検索順位を上げること。
これがビジネスにとって大きな課題なのは当たり前のことです。
そしてホームページの検索順位を上げるための施策が所謂「SEO対策」ですが、最近流行りの「コンテンツSEO」とは一体どういう意味なのでしょうか?
この記事では「コンテンツSEO」の意味と意義をご紹介します。

1)検索エンジンの進化

検索結果はどのようにして決まっているのでしょうか?
答えはGoogleを始めとする(ほとんどですけど)検索エンジンの評価によるものです。実際に私たちWEB業界の人間はGoogleの検索アルゴリズムの変化に対応していくために日々(ちょっと大袈裟かな?)努力しています。

WEB界隈の人間や、企業の広告/マーケティング担当者の方以外はあまり気にしたことがないかもしれませんが、ある日突然検索順位が下がった!(上がった!)なんてこともあるんです。あるんです…。余談ですが。

この検索に対する評価基準は長い間をかけて変わってきました。

「被リンク数」を評価の最も大きなポイントとしていた時代があったり、サイト内の「キーワード数」が重要だった時代もあり、現在ではコンテンツ自体の質や利便性を重視していると言われています。つまり、あるカテゴリにおいてユーザーの知りたいことが、どのくらい深く丁寧に提供されているかが評価されるようになってきています。

つまりSEO対策の主流だったテクニカルな部分(キーワード数なんかは思いっきりそうですね)の「検索エンジンに対するSEO対策」よりも「ユーザーに対するSEO対策」を重視する方向に変わりつつあるということでしょう。

2)コンテンツSEOとは

ここで登場するのが「コンテンツSEO」。
少し具体的に説明すると、
「WEBマーケティング」という大きな枠組みの中に「コンテンツマーケティング」と「SEO対策」があって、この「コンテンツマーケティング」と「SEO対策」が重なり合う部分が「コンテンツSEO」です。
コンテンツSEOを一言で表すなら「良質なコンテンツを作成する」こと。

さらに「コンテンツSEO」について詳しく説明すると、良質なコンテンツを継続的に作成・追加することによって、検索エンジンからの自然流入を増加させる集客施策ということになります。「広告費用を使い切るまで」のリスティング広告とは異なり、一度コンテンツを作成すれば継続的にサイトへの流入を期待することができます。

何をもって良質とするかは意見が色々分かれるところだと思いますが、やはり滞在時間が長くしっかりと読みこんでもらえるような内容のページを作っていくことでしょう。もっというと、サイト内の複数ページをクロールしてもらえるようとさらに良いですね。

そこには、テキスト情報としてのオリジナリティや心配りも必要ですが、サイトの導線、ページデザインとしての導線も重要です。かつ、ユーザーがどのような情報を求めているかをしっかりとリサーチし、検索キーワードに直結するような答えを返していくことが課題となるでしょう

3)コンテンツSEOのメリット

私がクライアント様にコンテンツSEOについて説明する際によく言うのが、「コンテンツは資産です」と言葉です。どういうことかと言うと、例えばリスティング広告の場合は設定予算を消化してしまったら、追加費用を入金しない限り集客する事はできません。もちろん、リスティング広告も重要な集客手法なのですが、しっかりと作り込まれたコンテンツはランニングコスト無しで長期間にわたり集客効果が持続します。つまり一度コンテンツを作成すれはその後は「無料」なのです。

例えばリフォームについて丁寧で詳しい情報を提供しているページはどうでしょう。

家は必ず古くなると何らかの改修が必要です。その時にユーザーが考える疑問や不安を改善してくれるような情報があれば、そのページのコンテンツとしての価値は高く、何十年も継続して集客することができるでしょう。

また、良質なコンテンツはアルゴリズム変更の影響を受けにくく、安定した集客が期待できます。

4)まとめ

Googleは常に「ユーザーにとって利便性が高いもの」を評価しています。
どうすればユーザーにとって便利なのか?どんな情報をユーザーが求めているのか?

発信側が一方的に伝えたいことを発信するのではなく、ユーザー目線のサイト設計と情報の提供を考えていく必要があります。

個人的には情報の出し惜しみはしない方がいいように感じます。(コアな技術とか社外秘の情報とかは別ですよ!当たり前ですけど)なにせ、この世の中、欲しい情報はネットで探せばいくらでも出てきます。教えてくれない会社より、教えてくれる会社の方が親切ですからね。