←  一覧へ戻る

リスティング用語解説【基本のアルファベット編② 】

WEB用語集

WEBマーケティングやリスティング広告に携わり始めると、馴染みのない用語が当然のように出てきます。そしてそれらの用語は略語やアルファベットなどで表示されることもしばしば。似たような用語もあり、混乱しやすいものです。

このページでは、そんな基本の【リスティング広告に関する用語】について解説いたします。今回は「基本のアルファベット編②」です。
「基本のアルファベット編①」はこちら

6)CPM (COST Par Mille)=インプレッション単価

CPMは「Cost Per Mille(コスト・パー・マイル)」の略です。「マイル」とはラテン語で「1,000」を表し、CPMを日本語訳すると「広告を1,000回表示するごとに発生する広告費」という意味になります、リスティング広告ではこのCPMを「インプレッション単価」と呼びます。CPCとは異なる広告費の発生の仕組みです。

7)CV(Conversion)=コンバージョン(成果獲得数)

CVは「Conversion(コンバージョン)」の略です。日本語では「変換」や「転化」という意味なのですが、リスティング広告では「成果獲得数」になります。
リスティング広告は何らかのマーケティング的な成果を達成するために行うので、ある意味一番重要な数値であると言えます。

8)CVR(Conversion Rate)=コンバージョン 率(成果率)

CVRは「Conversion Rate(コンバージョンレート)」の略です。日本語訳すると「成果獲得率」になりますが、この場合「成果目標数の進捗状況」の意味ではなく、「広告のクリックからどれくらいの割合で成果獲得しているか」の指標になります。

計算式は【CV÷CTs=コンバージョン数÷クリック数×100(%)】です。

(例)クリック数400回の広告で5件のコンバージョンを獲得した場合は

(CV)5÷(CTs)400×100=1.25 つまりCVR=コンバージョン 率は「1.25%」となります。

CVRは成果獲得の効率の指標なので非常に重要で、「CVRが上がれば売上も上がる」とも考えることができます。

9)CPA(Cost Per Acquisition)=コンバージョン単価(成果獲得単価)

CPAとは「Cost Per Acquisition(コスト・パー・アクイジション)」の略です。日本語訳では「成果獲得単価」となります。CPC(コスト・パー・コンバージョン)ではありませんのでご注意ください。
1件の成果獲得に幾らかかったかという指標のため、とても重要な数値です。

計算式は【COST(費用)÷CV=費用÷コンバージョン数(円)】です。

(例)20,000円の費用で5件のコンバージョンを獲得した場合は

(COST)20,000÷(CV)5=4,000 つまりCPA=コンバージョン単価は「4,000円」となります。

当たり前の話ですが、CPAは低ければ低いほど良くなります。いかにCPAを抑えられるかがリスティング広告のキモになります。

10)MCV(Micro Conversion)

MCVは「Micro Conversion(マイクロコンバージョン)」の略です。普通のCV(コンバージョン)と違い成果となるコンバージョンよりも手前の段階(フォーム到達など)に設定する仮のコンバージョンを意味します。
例えば、資料請求をコンバージョンとした場合、資料請求申込のページまで到達したユーザーを「MCVユーザー」として追客する。などの活用方法があります。

今回のまとめ

今回の用語もアルファベットでしたが、成果獲得などの重要な指標となる項目ですので、必ず覚えておきましょう。次回も基本用語を解説していきたいと思います。