←  一覧へ戻る

ホームページ移転・ホームページリニューアルに際して徒然

クライアント様が弊社にホームページ制作をご依頼していただく際、概ね3割程度がサーバーの移転を伴うホームページのリニューアルです。
クライアント様がホームページの移転を検討される理由は、

1.リニューアルやサイトの規模拡大に伴ったもの
2.ホームページを管理している制作業者を変えたい

大体この2つのどちらかです。どちらの場合も実際の作業内容は基本的には同じです。でも、例えばドメインのことや契約情報のことで一旦作業がつまづくことも珍しくはありません。これからホームページの移転やホームページのリニューアルを検討されていく方も、今から新規でホームページを作成する方も、


「もしホームページを移転することになったら」

のことについて知っておいて損はありません。
この記事ではホームページの移転を検討する際のポイントを、実際のホームページ移転の流れに沿って解説していきます。

1)ホームページ移転の流れ

ホームページの移転は概ね下記の流れで進めていきます。

1−1)移転先のサーバーを決定

サイトの移転先のサーバーを決定します。
サイトの仕様や今後の拡張性などを考えながら、最適なサーバーを決定します。
同一サーバー内の移動となる場合もあります。

1−2)現状のサーバー及びドメインの必要情報収集

サイトの移転にはサーバー・ドメインそれぞれの契約情報(アカウントやログインIDなど)が必要です。移転の際は現在の契約内容を把握すると共に、これから先の作業でこの情報が必要となりますので、こちらのサーバー・ドメインそれぞれの契約情報をご支給いただくこととなります。

ここから先が注意点!
結構「あるある」なのが、「契約情報がわからない」「ドメインの所有権が無かった」というもの。前者についてはなんとかすれば解決が可能なのですが、後者の場合は基本的にどうにもなりません。なので、新規にドメインを取得する際は必ずドメインの所有がどうなるかを確認して下さいね。サーバーの契約に紐づいている場合などはサーバーの移転は同一ドメインでは出来ない場合が多いです。
とはいっても、例えば有名どころでいうとエックスサーバーやロリポップなんかはサーバーが云々という問題は経験上まず無いです。問題は、名前は控えますが超大手の運営している、とあるサーバー。諸々不親切極まりない印象です。

1−3)新サーバーの契約

移転先のサーバーを契約します。公開前の動作テストなどはこちらのサーバーで行います。

1−4)サイト構築orデータ移動の準備

新サーバーでサイト構築をします。
実際はホームページのデザインが云々、設計が云々という話になるのですが今回の記事の本筋からズレるので割愛します。

1−5)新サーバーでサイト公開

ドメインのDNS設定を切り替えて、新サーバーにてのサイト公開を開始いたします。

1−6)メールアカウントの発行

新サーバーにてメールアカウントを発行します。

2)注意点

2−1)移転先のサーバー決定についての注意点

サーバーの利用料金は、金額の安いものから高いものまで数多くあります。
安いから悪い、高いから良いとも言い切れませんが、比較的利用料金と性能は比例します。もちろん(一般的に)有名だからいい!ということも無いかなと思います。安直にネームバリューを信じると後悔することになったり…
ともかくしっかりとした確認が必要です。

2−2)サーバー・ドメインの契約情報についての注意点

サイトの移転にはドメインのDNSの書き換えが必要です。この作業には契約情報が必要なので、お客様自身で管理されていない場合は、恐らくこれらの情報を所有しているであろう今のホームページ管理業者に情報を提供していただく必要があります。

でも、そもそもホームページ制作業者を変えるならちょっと聞きにくい…とかありますよね?人間ですから。

なので、その辺の情報は予め聞いておいて方が無難です。

2−3)DNS書き換えについての注意点

DNSとはドメインとサーバーに設置されているホームページを結びつけるものですが、サイトの移転の際は、このDNSのシステム上「旧サーバーと新サーバーどちらかに繋がる期間」があります。従って、新サーバーにてサイトを公開した後もしばらくの間、旧サーバーのサイトを残しておく必要があります。

詳しくはこちらの記事「DNSとはなんぞや【ホームページの基礎知識】」をご参照ください。

2−4)メールについての注意点

前項同様にメールもしばらくの間、旧サーバーと新サーバーどちらかを参照する期間があります。従って、メールはどちらのサーバーからも受信できる状態にしておく必要があります。

まとめ

「ホームページの移転リニューアル」は、新規作成や移転を伴わないリニューアルより気を配らないとならないことが多々あります。クライアント様自身の作業も複数あり、これも重い腰が上がらない一つの理由です。また、「ホームページを管理している制作業者を変えたい」場合は、契約を解消することになるので感情的な問題が起きたり、依頼していたフリーのデザイナーさんがいつの間にか廃業していたりなどの問題が起きやすいかなと思います。

だからといって機能的に物足りないままだったり、更新の依頼をしてもリアクションが全くなかったり(遅かったり)、せっかくのホームページの能力を発揮できないままでは勿体ありません。移転を検討するということは何らかの不満があるはずです。お客様のホームページをビジネスでしっかり活用するために、しっかり協力体制を準備できるパートナーをお選びください。

その時にお客様に選んでいただけるように、日々一所懸命頑張ってます!